資格・スキルアップ

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)の資格や仕事を紹介!

ケアマネジャー管理者・施設長6 months ago

介護の仕事に従事している方の中には、主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)について知りたい方もいるでしょう。主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)はケアマネジャーの上位資格で、ケアマネジャーの指導や地域包括ケアシステムの構築を行います。
この記事では、主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)の役割や資格取得の方法、資格を取るメリットについて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)とは

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)とは、介護保険分野の専門職であるケアマネジャーの上位資格です。2006年の介護保険制度改正により、主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)の資格制度が始まりました。
主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)は、ケアマネジャーの育成や地域包括支援センターでの業務を行いますが、ケアマネジャーとしての基本的な仕事も行います。

ケアマネジャーは、介護施設利用者のケアプランを作成したり、利用者・家族や施設、医療機関との調整を行ったりしています。主な職場は、介護老人保健施設や居宅介護支援事業所、地域包括支援センターなどです。入所・通所系の施設のケアマネジャーは「施設ケアマネ」、利用者宅に訪問してサービスを行う事業所のケアマネジャーは「居宅ケアマネ」と呼ばれます。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)の役割

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)は、ケアマネジャーにはない役割を求められることもあります。主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)ならではの役割には、どのようなものがあるのでしょうか。

ケアマネジャーの指導と育成

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)は、ケアマネジャーへの指導や助言を行い、ケアマネジャーの育成に携わる役割があります。主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)は、リーダーなどの管理職と兼務して、指導を行うこともあるようです。

地域包括ケアシステムの構築

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)は、地域包括支援センターにて、地域包括ケアシステムを構築する役割もあります。地域包括ケアシステムとは、高齢者が住み慣れた地域で自立した生活が送れるよう、介護福祉サービスの提供体制を整えることです。主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)は地域包括ケアシステムの一環として、総合的な相談支援業務や介護予防ケアマネジメント業務に従事しています。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)になるには?

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)になるには、ケアマネジャーとして実務経験を積んだのち、主任介護支援専門員研修の修了が必要です。資格取得後は5年に1度、主任介護支援専門員更新研修を受講することで、資格保持を継続できます。

主任介護支援専門員研修を受講して資格を取得する

主任介護支援専門員研修を受講するには、受講要件を満たす必要があります。厚生労働省「主任介護支援専門員研修ガイドライン」には、主任介護支援専門員研修の受講要件は以下のいずれかに該当するものとされています。

  • 専任の介護支援専門員として従事した期間が通算して5年(60か月)以上である者(管理者との兼務は期間として算定できる)
  • ケアマネジメントリーダー養成研修を修了した者または認定ケアマネジャーであって、専任の介護支援専門員として従事した期間が通算して3年(36か月)以上であるもの(管理者との兼務は期間として算定できる)
  • 主任介護支援専門員に準ずるものとして、現在、地域包括支援センターに配置されている者
  • その他、介護支援専門員の業務に関し十分な知識と経験を有する者であり、都道府県が適当と認める者

主任介護支援専門員研修の受講要件は、実施自治体により詳細が異なる場合もあります。実際に受講する際は、実施自治体の受講要件を確認するようにしましょう。

主任介護支援専門員研修は、研修時間が70時間以上と定められています。実施自治体によって、一部の講義をオンラインで受けられる場合もあるようです。資格取得にあたって資格試験はなく、研修を修了すれば資格が得られるようになっています。

資格取得後は更新研修を受講する

主任介護支援専門員研修の資格を継続したい場合は、5年ごとに主任介護支援専門員更新研修を修了しなければなりません。主任介護支援専門員更新研修は、主任介護支援専門員資格の有効期間満了日の2年前から受講可能です。
厚生労働省「主任介護支援専門員研修ガイドライン」には、主任介護支援専門員更新研修の受講要件は以下のいずれかに該当するものとされています。

  • 介護支援専門員に係る研修の企画、講師やファシリテーターの経験がある者
  • 地域包括支援センターや職能団体等が開催する法定外の研修等に年4回以上参加した者
  • 日本ケアマネジメント学会等が開催する研究大会等において、演題発表等の経験がある者
  • 日本ケアマネジメント学会等が認定する認定ケアマネジャー
  • 主任介護支援専門員の業務に十分な知識と経験を有する者であり、都道府県が適当と認める者

主任介護支援専門員更新研修を受講するには、主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)としての実務経験だけでは受講要件を満たせない場合もあります。更新研修を受ける際は、研修までに受講要件を満たせるよう、注意しましょう。なお、主任介護支援専門員更新研修の研修時間は46時間以上と定められており、研修を修了した時点で資格更新完了となります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)に最短でなるには?

より短い期間で主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)になるには、認定ケアマネジャーの資格を取得しておくとよいでしょう。主任介護支援専門員研修の受講に必要なケアマネジャーの実務経験は、認定ケアマネジャーの資格がないと5年以上ですが、認定ケアマネジャーの資格を持っていれば3年以上となります。
なお、認定ケアマネジャーの資格取得のためには、資格試験に合格しなければなりません。受験資格にはケアマネジャーとして3年以上の実務経験があることが含まれています。

そもそもケアマネジャーになるためにも実務経験が必要で、介護福祉士などの国家資格を持つ方で最短5年、それ以外の方で最短8年かかります。そのあと、ケアマネジャーとして3年以上経験を積んで認定ケアマネジャーの資格を取り、主任介護支援専門員研修を受講するのが最短ルートです。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)の職場

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)の職場は、介護施設と地域包括支援センターに分かれます。

介護施設は、居宅介護支援事業所や介護老人保健施設、介護療養型医療施設などの施設です。ケアマネジャーと同じように、ケアプランの作成や利用者・施設・関係機関の調整を行うほか、ケアマネジャーへの指導も行います。

地域包括支援センターには、主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)の配置義務があり、働いている方も多い職場です。地域包括支援センターでは予防ケアマネジメント業務が主になり、地域住民の相談窓口として相談支援業務を行います。地域のケアマネジャーに対し、講師として勉強会を開催することもあります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)になるメリット

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)になることで、介護・介護保険に関する知識やスキルを高められるというメリットがあります。ケアマネジャーとして仕事を続けていく上で、指導役になったり地方包括ケアシステムに携わったりと仕事の幅が広がり、キャリアアップにも繋げられるでしょう。

また、主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)になれば、転職にも有利に働きます。特に居宅介護事業所は、施設管理者が主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)でなければならないと厚生労働省により定められています。知識やスキルの証明だけでなく、必須要件を満たせる人材として転職に役立つでしょう。

さらに、主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)になる際や資格更新の際に資格試験がなく、研修を受ければ資格を得られたり更新できたりするというメリットがあります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)の年収は?

厚生労働省「令和4年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、2022年12月のケアマネジャーの平均給与額は以下のとおりです。

                                                               
介護職員等ベースアップ等
支援加算を取得している事業所
介護職員等特定処遇改善加算及び
介護職員等ベースアップ等
支援加算を取得している事業所
月給の者時給の者月給の者時給の者
常勤36万2,700円28万7,440円36万5,180円28万1,700円
非常勤26万8,490円14万2,420円29万9,250円23万1,890円

上記は主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)を含めた、ケアマネジャー全体の平均給与となっています。
主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)はケアマネジャーを指導したり、管理職との兼務を任されたりすることもあるため、ケアマネジャーより高い給与を望めるでしょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)はケアマネの上位資格

  • 主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)はケアマネジャーの指導や助言を行う
  • 主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)は地域包括支援センターでも働いている
  • 主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)は研修を修了すれば資格が得られる
  • 主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)の資格はスキルの証明にもなり転職に有利

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

関連記事

看護師に必要なコミュニケーションスキルを習得!ポイントを紹介

資格・スキルアップ

看護師に必要なコミュニケーションスキルを習得!ポイントを紹介

チームナーシングとは?ほかの看護方式や役割を解説!

資格・スキルアップ

チームナーシングとは?ほかの看護方式や役割を解説!

認知症介護基礎研修とは?研修内容や受講方法、上位資格を紹介

資格・スキルアップ

認知症介護基礎研修とは?研修内容や受講方法、上位資格を紹介