まとめ

介護施設の記録業務に貢献!自動化・効率化システムを開発する企業に注目

介護職・ヘルパー2 months ago

本記事では、記録業務の自動化・効率化のためのシステムを開発する企業を紹介します。

記録業務は介護士にとって大切な仕事のひとつですが、最近では技術の進歩から、記録業務を自動化・効率化できるシステムが次々と誕生しています。記録業務が楽になれば、利用者さんへのケアにじっくり時間を充てられる、残業時間を減らせるなど、うれしい効果が期待できそうです。
気になる方はぜひ、本記事を一読してみてはいかがでしょうか。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

ニップクケアサービス株式会社

ニップクケアサービス株式会社は、介護報酬請求ソフト「楽すけ」、障害者総合支援ソフト「楽すけ」の開発・販売を手掛ける企業です。
全国の医療機関や社会福祉施設などに多くの卒業生を輩出する「敬心学園グループ」に属している同社。教育から実践まで多様な現場で培ってきたノウハウやネットワークを活かし、医療・介護福祉の分野で活躍する人々の業務負担を軽減するソフトウェアを開発しています。

どこでも簡単に記録できる「楽すけデイ&施設記録帳」

楽すけデイ&施設記録帳は、デイサービスやグループホーム、有料老人ホームなどでの利用を想定して開発された介護記録システムです。記録にはiOS用タブレット端末を使用。時間や場所を選ばず、直感的な操作で簡単に入力できるため、記録時間を大幅に短縮できます。
特筆すべきポイントは、一度の入力で複数の帳票に自動反映できること。転記作業の手間がなくなり、作業効率の大幅アップに貢献します。さらに、紙ベースでの帳票出力に対応。ご家族への連絡帳や経過記録など、必要な帳票を簡単操作でプリントアウトできる点も魅力です。

帳票見本バイタルチェック表

▲画像提供:ニップクケアサービス株式会社


その他の主な特徴は、以下の通りです。

  • 利用者さんごとに個別の注意事項を設定可能
  • 入力時や閲覧時に探しやすいグルーピング機能搭載
  • 請求ソフト「楽すけ」との連携で重複入力が不要
  • 同じ内容を複数の利用者さんに登録できる一括登録機能
  • よく使うフレーズをテンプレート登録して作業効率アップ
  • 音声認識による文章入力に対応
  • 申し送り事項の既読確認で伝達漏れを防止
  • 小規模の介護施設でも導入しやすい価格設定

介護の現場で活躍する方の中には、パソコンに不慣れな方もいらっしゃるでしょう。そのような方々にとって、既存の業務をこなしながら1〜2カ月で新たなシステムの操作を覚えるのは、とても大変なことです。
「実際に触れてみて、納得してから使っていただきたい」という思いから、同社では無料体験期間を最大6カ月間に設定しています。

導入事例とお客様の声

とあるデイサービスセンターでは、2022年11月に同サービスを導入しました。
導入前は、利用者さんに関するあらゆる記録を手書きしていただけでなく、利用者さんのカルテやご家族との連絡帳、申し送り簿などにすべて手書きで転記していたといいます。多いときは、同じ内容を3回以上転記することも。転記の際にミスや漏れなどが発生したり、転記作業に人員を割かれることもあったそうです。
同サービスの導入後、記録業務の時間がこれまでの半分に短縮。「手書きの頃よりも修正作業が楽になり、情報の管理・更新もしやすくなったため、記録にかかる負担が減った」と話しています。

「新しいシステムを導入するのは良いとして、スタッフがシステムに慣れるか心配」と考える方も多いのではないでしょうか。
介護の現場は多様な年齢層のスタッフが活躍しており、スタッフのなかにはパソコンやタブレット端末の使用に抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

バイタル記録
▲画像提供:ニップクケアサービス株式会社


こちらの施設でも、当初導入を検討していることをスタッフに伝えたとき「本当にやり方を変更する必要があるのか?」といった声が聞かれました。
そこで同施設では、システムを導入する趣旨をスタッフに丁寧に説明。さらに、スタッフがタブレット端末の操作に慣れられるよう、休憩室にiOS用タブレット端末を2台置き、自由に使ってもらう取り組みを実施しました。
その後、従来の手書きでの記録と並行して、同システムの運用を開始。最初は数字の入力・チェックからはじめていき、徐々に文章の入力やバイタルの記録、申し送り事項の入力と、手書きからシステムへの直接入力にシフトチェンジしていったそうです。

ほかの介護施設からも、「残業が減ってスタッフの笑顔が増えた」「以前と比べて1日30分ほど作業時間が削減された」といった声が寄せられているという同システム。詳しく知りたい方は、ぜひニップクケアサービス株式会社のWebサイトを訪れてみてはいかがでしょうか。

■詳細情報
ニップクケアサービス株式会社
楽すけデイ&施設記録帳

NECプラットフォームズ株式会社

NECプラットフォームズ株式会社は、ICTシステム機器の開発や製造、販売などを手掛ける企業です。長年「ものづくり」を培ってきた企業として、ICTの先進テクノロジーの具現化に邁進している同社。ハードウェア機器の開発・生産から、ITとネットワークを融合したシステムの提供、新たなソリューションの創出まで、幅広いICTプラットフォームを提供しています。
近年、NEC Platforms Vision 2025として「Together with “MONOZUKURI”, creating a sustainable society」を発表。「ものづくり」を通して、誰もが人間性を発揮できる持続可能な社会の実現を目指している最中です。

トイレの排泄ケアを支援する「NECサニタリー利用記録システム」

NECサニタリー利用記録システムは、利用者さんのプライバシー確保と介護士の排泄記録業務の負担を軽減できるシステムです。

排泄介助はとてもデリケートな行為のため、利用者さんの自尊心を傷つけないよう注意する必要があります。さらに介護士側も、トイレへの同室や待機が必要だったり、排泄内容の聞き取り・記録に時間を要したりと、業務負担・精神的負担を感じる方も多いのではないでしょうか。

同システムは、そんな排泄介助の悩みを解決したい介護士におすすめです。
トイレに設置したセンサが、利用者さんのトイレ入室から退室までの6つの動作を検知し、アプリに通知します。経過時間と状態がタイムリーに通知されるほか、利用者さんがトイレに長時間座ったまま動きがない場合にはアラート通知が届くため、利用者さんの自尊心を守りながら安全にトイレの見守りが可能です。
さらに、同システムには排泄を自動で検知・記録してくれる機能も備わっています。尿は5段階の時間と色、便は5段階の量と、国際標準の7段階の便性状と、色で記録されます。そのため、排泄物の確認や聞き取りなどの工程を減らせるため、利用者さんが羞恥心を感じずに済むだけでなく、介護士の業務負担軽減にも役立つでしょう。

個室トイレへの設置時は大掛かりな工事や作業は不要。排泄検知センサと制御ボックスは、誰でも簡単に取り付けが可能です。スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末とWi-Fi回線があれば、すぐに同システムを導入できます。

サニタリー利用記録システム画像
▲画像提供:NECプラットフォームズ株式会社


導入事例

とある特別養護老人ホームでは、排泄介助について以下の問題を抱えていました。

  • 介護士によって排泄の観察ポイントにムラがある
  • 利用者さんによって排泄結果の確認ができないことがある
  • 利用者さんの中には、排泄状況の把握行為による心理的負担を感じている方もいる

同施設では「排泄の観察ポイント」について、記号化することで簡単かつ正確に記入できるよう工夫していました。しかし、排泄確認は視覚での判断が伴うため、確認者の主観が入ってしまい、判断が難しいことも多かったそうです。
また、自立歩行ができる利用者さんの排泄記録をどうするかについても悩んでいたとのこと。介護士が他の利用者さんを介助している間に自分でトイレに行ってしまい、排泄状況が把握しづらいこともあったそうです。排泄状況を聞こうにも「排泄内容を話すのが恥ずかしい」という利用者さんもいるため、「利用者さんの気持ちに配慮しながら、いかに排泄情報を把握できるようにするかが大きな課題だった」といいます。

同システムを導入後、正確かつ確実に排泄情報を把握できるようになったとのこと。運用を開始してみると、排泄の回数や色、性状などの精度はこれまでとほぼ変わらず、合致率も非常に高かったそうです。また、今まで把握できなかった着座時間なども確認できるようになり、以前よりも見守りの質がより高くなったといいます。
とくに、排泄情報を聞かなくても記録が付けられる点に関して「今まで以上に利用者さんの気持ちに配慮した対応ができるようになった」「利用者さんに聞かなくても排泄状況が確認できるため、気持ちが楽になった」という声が聞かれ、導入を決定した事務長さんは「同システムを導入して良かったと思う」と話しています。

職員の作業時間グラフ
▲画像提供:NECプラットフォームズ株式会社


利用者さんも介護士も安心・納得できる排泄記録の方法をお探しの方、ぜひ画期的な機能が搭載された同システムにご注目ください。

■詳細情報
NECプラットフォームズ株式会社
NECサニタリー利用記録システム

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

関連記事

医療現場でのお役立ちアイテム・サービスを提供している企業に注目!

NEWまとめ

医療現場でのお役立ちアイテム・サービスを提供している企業に注目!

新たな知見を広げたい看護師さんに贈る、おすすめの資格と心を癒やす活動

まとめ

新たな知見を広げたい看護師さんに贈る、おすすめの資格と心を癒やす活動

医療・介護の現場での活用が進む「口腔ケア製品」と「AIロボット」

まとめ

医療・介護の現場での活用が進む「口腔ケア製品」と「AIロボット」